哲学者=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

小林秀雄の「プラトン論」を読む(2) 小林秀雄のプラトン論は、プラトンを「考える人」と捉えている。プラトンをプラトニズムでもイデア論でもなく、「考える人」と捉えるところが、小林秀雄のプラトン論の核心だと言っていい。これは、小林秀雄が、プラトンを、「学説」や「哲学体系」の観点からではなく、プラトンという「実存」の観点から見ているということだ。プラトンのプラトニズムやイデア論を、理解し、暗記することはそれほど難しくないが、「考える人」としてのプラトンの「実存」を理解することは容易ではない。プラトンの実存は、

・・・・にほんブログ村 政治ブログへ・・


小林秀雄の「プラトン論」を読む(2)

小林秀雄プラトン論は、プラトンを「考える人」と捉えている。プラトンプラトニズムでもイデア論でもなく、「考える人」と捉えるところが、小林秀雄プラトン論の核心だと言っていい。これは、小林秀雄が、プラトンを、「学説」や「哲学体系」の観点からではなく、プラトンという「実存」の観点から見ているということだ。プラトンプラトニズムやイデア論を、理解し、暗記することはそれほど難しくないが、「考える人」としてのプラトンの「実存」を理解することは容易ではない。プラトンの実存は、知識や理論として学習することも、暗記することも出来ない。プラトンのように、「考える」という実践を通じてしか学ぶことは出来ない。誰でも「考える」ことは出来る。また、プラトンが、徹底的に考え抜いたあげく、作り上げた「プラトニズム」という学説や哲学体系を学ぶことも出来る。しかし、プラトンがそうしたように、「徹底的に考え抜く」ことは出来ない。小林秀雄は、こう言っている。
《 恐らく、この人物は、哲学上のはっきりした大系も教説も、必要とはしなかっただろうし、表現手段として 、比喩や神話を使う趣味を持っていたわけでもなかろう。凡そ個性的な工夫や演技は一切なくて済ませた、率直純粋な考える人だったろう。》(「プラトンの『国家 』」)

ここで、小林秀雄が、プラトンについて言っていることは、そのまま、小林秀雄マルクス論にも通じる言葉だ。小林秀雄にとっては、マルクスもまた、マルクス主義という大系や教説とは遠く離れたマルクスという「考える人」が問題だったのだ。