哲学者=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

●パソナ(竹中平蔵)と電通が作ったペーパーカンパニーの正体。

パソナ(竹中平蔵)と電通が作ったペーパーカンパニーの正体。

「持続化給付金」事業に伴う巨大な「闇」が、次第に明らかになってきました。経産省から、持続化給付金事業を委託されたのは、「一般社団法人サービス推進協議会」。この社団法人という組織が、実体のないペーパーカンパニー(トンネル会社?)だった可能性が強くなってきました。このペーパーカンパニーを作った中心メンバーが、電通パソナらしい。電通パソナは、経産省の事業を 、このペーパーカンパニーを隠れ蓑にして、受注しているようです。

〓〓〓〓以下引用〓〓〓
東京新聞
社説・
ーーーーーーーーーーーー
「給付金」法人に14件1576億円 経産省が委託 7件は電通などに再委託
2020年06月01日 07時12分
ーーーーーーーーーーーー
 国の持続化給付金事業を担う一般社団法人サービスデザイン推進協議会が設立から四年で、同事業を含め十四事業を計千五百七十六億円で経済産業省から委託されていた。うち九件を、広告大手の電通や人材派遣のパソナなどに再委託していたことも判明。残りの五件でも事業の大半を外注していた例があり、法人本体の実体の乏しさがより浮き彫りになった。 (森本智之)
 過去の再委託の事例は経産省が国会議員に示した資料で明らかとなった。法人が再委託をした事業九件のうち、電通グループに七件、パソナには二件と法人の設立に関与した企業を中心に事業を回していた。
 法人の不透明さが発覚する発端となった持続化給付金では、委託費の97%に当たる七百四十九億円が再委託費として電通に流れている。電通が設立に関与した法人から電通に事業が再委託される経緯について、両者はこれまで「回答を控える」としている。経産省は現時点で、持続化給付金以外の事業に関しては再委託費を明らかにしていない。
 ただ、税金の使い道を検証する政府の行政事業レビューによると、電通など五法人が再委託を受けた中小企業などへのIT導入支援事業(二〇一七年度)では、四百九十九億円の予算から、法人にひとまず入った金額の96%に当たる三十七億円が外部に流れていた。過去の再委託でも同様に、法人が事業の大部分を外部に回す手法が目立つ。
 さらに「再委託先はない」と経産省が説明する五件でも、レビューによると法人が事業を外注していた例があった。例えば外注割合はおもてなし規格の事業(一六年度)で68%相当、IT導入補助金(一七年度)では96%に上った。
 再委託と外注は契約形態が違うが、法人が自前で業務の大半を行わず外部に任せるという点では同じ。過去の事業でも法人が税金から得た金額が問題視されそうだ。
<持続化給付金事業の再委託> 経済産業省中小企業庁は中小企業などに最大200万円を給付する持続化給付金で、一般社団法人サービス推進協議会に769億円で事業を委託。この法人はサービス業の生産性向上を図る目的で2016年5月、電通パソナトランスコスモス日本生産性本部などによって設立された。委託費の97%に当たる749億円が、法人からの再委託で電通に流れることが判明。実質的な給付事業は電通が担っているといえ、法人の実体の乏しさが鮮明となった。一方、法人の代表理事は6月8日付で辞職するとしている。
〓〓〓〓引用終了〓〓〓〓



👈ランキングに参加しています。応援クリックよろしくお願いします!


★この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


山崎行太郎への緊急連絡(原稿依頼 、コメント、レポートなど)は、メールでお願いします。メール👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

・・・・・・・・・・・・

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島論

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

・・・・・・・・・・・・

安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


・・・・・・・・・・・・


在特会桜井誠、作家の佐藤優、哲学者の廣松渉などを通して「存在論的思考とは何か」を示した意欲作。
思想表現における「情勢論、原理論、存在論」の接点とは?なぜ、東大教授の廣松渉と、反社会集団=在特会のリーダー桜井誠を同列に論じるのか?共通するテーマとは・・・?
存在論的に徹底的に掘り下げて現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。「ネット右翼」の耐えられない軽さを暴いた傑作。排外主義、自己陶酔的な日本礼賛を愛国の立場から斬る。日本の現在を深く知るための必読書。佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦。

f:id:yamazakikotaro:20200506094000p:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%8F%B3%E7%BF%BC%E4%BA%A1%E5%9B%BD%E8%AB%96-%E6%A1%9C%E4%BA%95%E8%AA%A0%E3%81%A8%E5%BB%A3%E6%9D%BE%E6%B8%89%E3%81%A8%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA%E3%81%AE%E6%8E%A5%E7%82%B9-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E8%A1%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4802130627


・・・・・・・・・・・・

適菜収氏との対談集。最近流行りのインチキ保守、定年保守、年金保守、ボウフラ保守、雨後の筍・保守・・・について語りました。

f:id:yamazakikotaro:20200427121643p:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%BB%E4%BF%9D%E5%AE%88%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99-%E9%81%A9%E8%8F%9C-%E5%8F%8E/dp/4906674704


・・・・・・・・・・・・


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links
・・・・・・・・・・・・

文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

👈人気ブログ・ランキングに参加しています。応援のクリック、よろしくお願いします!


(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


政治ランキングへ