哲学者=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

■竹中平蔵研究(14)・・・以下は、我が畏友で、俳人の望月至高氏の古いブログ( 2009-08-24)の「竹中平蔵批判」記事からの引用である。既にご存知の方も多いと思われるが、「竹中平蔵とパソナ」関連、あるいは「派遣法改正」関連の貴重な内容を含んでいるので、そのま ま、紹介しておこう。私は、何回も言うように、理路整然と、順序正しく、竹中平蔵の犯罪を追求してくつもりはない。


人気ブログランキング

竹中平蔵研究(14)・・・以下は、我が畏友で、俳人の望月至高氏の古いブログ( 2009-08-24)の「竹中平蔵批判」記事からの引用である。既にご存知の方も多いと思われるが、「竹中平蔵パソナ」関連、あるいは「派遣法改正」関連の貴重な内容を含んでいるので、そのま ま、紹介しておこう。私は、何回も言うように、理路整然と、順序正しく、竹中平蔵の犯罪を追求してくつもりはない。気の向くまま、風の向くまま、手当り次第に、要するに、適当に追求していく。ただ私は、重要な資料や文献、証拠だけは、「事実無根の誹謗中傷」と言って逃げられるのを、防ぐために、残しておく。
さて、私は、つい最近まで、「派遣」とか「派遣法」、あるいは「派遣法改正」、あるいはまた、「同一労働同一賃金」・・・というような問題に、それほど深い関心はなかった。しかし、派遣社員増加や派遣法改正などにまつわる流れを主導したのが「政商・竹中平蔵」だということは、知っていた。
竹中平蔵と派遣法。人材派遣業「パソナ」と竹中平蔵竹中平蔵は、この派遣法の問題から逃げることは出来ない。厚労大臣の管轄だったと言って、逃げようとしているが、竹中平蔵が、何をやって来たかを検証していくと、竹中平蔵の「犯罪」は明らかになるだろう。
そもそも、「正社員をなくし」「派遣社員を増やす」・・・政策とは、誰が、何のために企画し、誰のために実行したのか。その結果、日本社会や日本国家、あるいは日本の会社は、どのようになったのか。竹中平蔵の「犯罪」を追求していくためには、そこまで遡って、考えてみなくてはならないように見える。

〓〓〓〓以下引用〓〓〓〓
俳愚人 blog
2009-08-24
利権ではないか?竹中平蔵パソナ取締役へ天下り

もう週間新潮に小さく書かれていたから、周知の事実なのだが、読んでいない人もいるからやはりもう一度取り上げておく。

人材派遣業パソナグループは南部靖之社長の率いる東証一部上場企業だ。
08年4月から竹中政経塾を11回開催。
自民党小泉チルドラン佐藤ゆかり、パリバ証券エコノミスト河野龍太郎なども参画している。

この2008年というのはどういう年かというと、パソナが竹中の身内として十分利権の甘い汁を吸い尽くした結果の「御礼」の意味であることが見て取れる。

バソナの03月5月期の売上は、1356億円。

翌04年3月は労働者派遣法改正により、製造業にも許可される。

5年後のパソナ08年5月期売上、2369億円に倍増。

いかにこの労働者への吸血鬼法が製造業と人材派遣業にとって甘い汁であったかがよく解る。

パソナに言わせれば、今回の取締役就任は天下りなどではない、あくまで南部と竹中が20年来の友人関係にあるためであるとしているらしいが、それでは余計利権のインサイダーとでもいう構図を作っていることを自白したようなものである。

竹中平蔵はどこまでいってもいかがわしい人間としか思えない。
政治家や企業の間を泳いで、どんなに自分の理論が国民に不利益な結果をもたらしていても、改革が中途半端だと言い募って責任のがれをし続ける。

そもそも改革がどこまで行けば完璧で彼の言う「正しい」結果がでるというのか?
検証不可能な「改革の徹底」などという詐術で騙されるのは、なまじおかしな理屈をありがたる中途半端な大企業のサラリーマンや既得権益層、自民党支持の右翼バカだけで、彼が小ばかにしている庶民は、現実の生活感覚の中で嘘を嗅ぎ取っていることを知るべきである。

彼が持ち込んだ政策は、日本人の伝統的な心性に抵触し、「保守」なる概念をぶち壊した。その不快感が自民党離れである。
その結果、差別主義や、虚偽の歴史意識に汚染された反知性主義の若者を作り出した。

それ以上の問題は、「アメリカ的なるもの」と「日本的なるもの」の区別を曖昧にし、グローバリズムという呪文によって益々アメリカの属国化を進めたことであろう。今、政治の混乱はピークに達している。民主党政権になったとしても、この錯綜した状況をほぐして、政策の形態進化はリベラルでも何でも構わないが、本質論において日本人の心性を「保ち守る」国造りができるかどうか、それが問われているように思う。

俳愚人 (俳号=至高) (id:haigujin) 10年前
〓〓〓〓引用終了〓〓〓〓