哲学者=山崎行太郎のブログ『毒蛇山荘日記』

文芸評論家。哲学者。慶應義塾大学大学院(哲学)修了。東工大、埼玉大学教員を経て現職。著書=『小林秀雄とベルグソン』『小説三島由紀夫事件』『保守論壇亡国論』『ネット右翼亡国論 』『曽野綾子大批判 』『エセ保守が日本を滅ぼす 』『最高裁の罠 』など。『マルクスとエンゲルス』を「月刊日本」に連載中。近刊予定に『小説・南洲伝』『 小林秀雄とマルクス』『毒蛇山荘日記(1 ) 』など。

■竹中平蔵研究(18)・・・森ゆうこ参議院議員が、参議院本会議で、竹中平蔵と「スーパーシテイ法案」を批判する動画です。そもそも、竹中平蔵が「座長」の「スーパーシテイ・・・会議」とは何か。

人気ブログランキングに参加しています。「応援クリック」、よろしくお願いします。


竹中平蔵研究(18)・・・森ゆうこ参議院議員が、参議院本会議で、竹中平蔵と「スーパーシテイ法案」を批判する動画です。そもそも、「スーパーシテイ法案」とは何か。

●『月刊日本』7月号の説明によると、い3以下のようになる。

〓〓〓〓以下引用〓〓〓〓
《◆竹中平蔵氏は政府諮問会議から退くべきだ
── スーパーシティ法案(改正国家戦略特区法)が成立しました。AI(人工知能)とビッグデータを活用し、自動運転、キャッシュレス、遠隔医療などが可能な「未来都市」を構築する構想とされていますが、「スーパーシティ構想の実現に向けた有識者懇談会」の座長としてこの法案を推進したのが竹中平蔵氏です。 》(『月刊日本』7月号から)
〓〓〓〓引用終了〓〓〓〓

●ところで、私は、これまで、竹中平蔵等が、安倍政権をまきこんで、画策している「国家戦略特区」だとか、「スーパーシテイ構想」だとかいうものに、興味も関心もなかった。しかし、「持続化給付金スキャンダル」における竹中平蔵(パソナ会長)等の陰謀・謀略が明らかになって以来、竹中平蔵が未だに政府の中枢で暗躍していることに驚くと同時に、今こそ、竹中平蔵という稀代の詐欺師を、日本政府中枢から追放・排除しなけれならないと思った次第である。既に、「竹中平蔵批判」は、多くの人によって繰り返されて来た。しかし、依然として、竹中平蔵は健在のようである。ということは、「竹中平蔵批判」が、空振りであり、無効だったということだ。僭越ながら、言わせて貰うならば、私は、これまでの多くの「竹中平蔵批判」には、竹中平蔵を打ち倒すだけの思想的深さと思想的持続力が、足りなかったのではないか、と思う。
●というわけで、遅まきながら、私も、「持続化給付金スキャンダル」発覚を契機に、「竹中平蔵批判(竹中潰し)」に参戦したい。


https://youtu.be/McrvTfeW3VU

f:id:yamazakikotaro:20200628213811p:plain

【本日の出来事】
コロナ感染者60人以上。




★この記事の続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!メルマガ『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


山崎行太郎への緊急連絡(原稿依頼 、コメント、レポートなど)は、メールでお願いします。メール👉https://ws.formzu.net/fgen/S49964599



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
山崎行太郎の本。
⬇⬇⬇
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

柄谷行人氏が絶讃、推薦した山崎行太郎の処女作。哲学者・文藝評論家=「山崎行太郎」誕生の書。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4882024977?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

・・・・・・・・・・・・

イデオロギー的な観点からではなく、存在論的観点から「三島事件」の本質を解明した異色の三島論

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4946515577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

・・・・・・・・・・・・

安倍政権は「ネット右翼政権」である。安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。山崎行太郎著『保守論壇亡国論』と、佐高信氏との対談集『曽野綾子大批判』は、安倍政権とそれを支持する現代日本人の「思想的劣化」=「政治的劣化」=「反知性主義化」を哲学的に分析・解明しています!

⬇︎⬇︎⬇︎

⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674526?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links


・・・・・・・・・・・・


在特会桜井誠、作家の佐藤優、哲学者の廣松渉などを通して「存在論的思考とは何か」を示した意欲作。
思想表現における「情勢論、原理論、存在論」の接点とは?なぜ、東大教授の廣松渉と、反社会集団=在特会のリーダー桜井誠を同列に論じるのか?共通するテーマとは・・・?
存在論的に徹底的に掘り下げて現象を考える山崎哲学の神髄がここにある。「ネット右翼」の耐えられない軽さを暴いた傑作。排外主義、自己陶酔的な日本礼賛を愛国の立場から斬る。日本の現在を深く知るための必読書。佐藤優氏(作家・元外務省主任分析官)推薦。

f:id:yamazakikotaro:20200506094000p:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E5%8F%B3%E7%BF%BC%E4%BA%A1%E5%9B%BD%E8%AB%96-%E6%A1%9C%E4%BA%95%E8%AA%A0%E3%81%A8%E5%BB%A3%E6%9D%BE%E6%B8%89%E3%81%A8%E4%BD%90%E8%97%A4%E5%84%AA%E3%81%AE%E6%8E%A5%E7%82%B9-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E8%A1%8C%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4802130627


・・・・・・・・・・・・

適菜収氏との対談集。最近流行りのインチキ保守、定年保守、年金保守、ボウフラ保守、雨後の筍・保守・・・について語りました。

f:id:yamazakikotaro:20200427121643p:plain

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%82%BB%E4%BF%9D%E5%AE%88%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%BB%85%E3%81%BC%E3%81%99-%E9%81%A9%E8%8F%9C-%E5%8F%8E/dp/4906674704


・・・・・・・・・・・・


曽野綾子批判」の元祖・佐高信氏と、「沖縄集団自決論争」以来、曽野綾子批判を続ける山崎行太郎との過激な対談集。
⬇︎⬇︎⬇︎

Amazon⬇︎ http://www.amazon.co.jp/gp/product/4906674577?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links
・・・・・・・・・・・・

文芸評論家・江藤淳の「小沢一郎論」をヒントに、「政治家・小沢一郎」の思想と行動を論じた存在論的政治家論。
⬇︎⬇︎⬇︎
『それでも私は小沢一郎を断固支持する』

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862860605?ie=UTF8&at=&force-full-site=1&ref_=aw_bottom_links

(続きは、「イデオロギーから存在論へ」「文学や哲学を知らずして政治や経済、軍事をかたるなかれ」がモットーの『思想家・山崎行太郎のすべて』が分かる!!!有料メールマガジン『週刊・山崎行太郎』(月500円)でお読みください。登録はコチラから→http://www.mag2.com/m/0001151310.html


人気ブログランキングに参加しています。「応援クリック」、よろしくお願いします。